依頼前に行なっておくこと|頼れる重要なデータの復旧サービス|損失回避で意気揚々

頼れる重要なデータの復旧サービス|損失回避で意気揚々

作業員

依頼前に行なっておくこと

PCと男性

故障したパソコンや記録メディアに残されたデータは、自力で復旧させようとすると逆に悪化することがあります。多くの人は、パソコンに不具合が現れた場合、パソコンの再起動を繰り返す行為を行ないます。再起動を繰り返すことで、一時的に状態が元に戻ることがある場合もありますが、この方法はデータ復旧をさせる場合ですと問題となります。この方法は、デリケートなパソコンにとってみれば家電を叩いて直すことに等しい行為であるため、却って症状が悪化するリスクが高いのです。他にも、データを上書きすることや、データへアクセスすることも避けるべきでしょう。壊れたデータへ上書きを行なう行為は、元々のデータ自体を消去してしまうことにも繋がります。上書きを行なうと、データ復旧サービスを行なう会社でも、データの復旧が不可能となる場合もあるため、依頼をする前にこのような行為をするのは避けましょう。

情報の読み取りができなくなった場合は、何もせず、電源を落とした後にデータ復旧サービスを行なう会社に見せるとよいでしょう。電源を落としてしまうと、再起動を行なう場合のように余計な負荷を掛けてしまうのでは、と危惧を抱く人もいるでしょう。何度も再起動を掛けると、ハードディスクに重い負荷が与えられ、データが消えてしまうことがあります。しかし、電源を切ってそのままの状態にすれば、ハードディスクにダメージが与えられることを防げます。また、電源を落とす場合はコンセントを抜くことや、内部バッテリーを取り外すことも同時に行ないましょう。パソコンは通電しているだけでもハードディスクに負荷を与えてしまいます。完全に電源を抜くことで余計なダメージを与えることを回避できます。データ復旧サービスの依頼をする前に、こうした対処を行なえば、復元率を上げると同時に復旧費用を安くすることができます。