頼れる重要なデータの復旧サービス|損失回避で意気揚々

メンズ

ソフト利用による問題

作業者

データの復旧を行なう方法として、データ復元ソフトの使用が挙げられます。しかし、ソフトで復元できる範囲は限られているため、ソフトを使えば必ずデータを復元できるというわけではありません。重要なデータはデータ復旧サービスの会社に依頼しましょう。

詳細へ

調べるべき復元率と日数

パソコン

データ復旧サービスを利用する場合、依頼する会社の復元率と復旧までに掛かる時間について調べましょう。データ復旧は一度しか行なえないので、復元率が高い所を選ぶ必要があります。また、時間が掛かると会社の損失も大きくなるので、すぐに復旧してくれる会社を探しましょう。

詳細へ

サービス利用の手順

ハードディスク

会社で使用しているパソコンに不具合が現れた場合、企業が被る経済的損失は大きなものとなります。パソコンそのものの機能性を取り戻すことができたとしても、内部にある大切なデータを損失してしまうことがあるため、問題となるのです。ハードディスク内のデータには、取引先の企業の連絡先や営業先に関する情報、さらには企業が開発中の商品の情報など、業務を行なうために重要なものとなります。一度失うと取り戻すことができない場合もあるため、データの読み取りができなくなった場合は、適切に復旧させる必要があります。データ復旧サービスを行なう専門の会社に依頼することで、このような貴重な情報をリカバリーすることができます。クリーンルーム内で慎重に作業を行ない、HDD内の情報のほとんどを抽出することができるので、依頼することで企業の重大な損失を避けることができます。損失回避で意気揚々と過ごしましょう。

データ復旧サービスを依頼する場合、初めに電話連絡を行ない、パソコンの状態を相手の会社に説明しましょう。現在のパソコンの状態や、起動させた際の様子、さらにはパソコンを購入してからの年数などを伝えることで、データ復旧サービスを行なう会社はパソコンがどのような状態にあるかを診断してくれます。初期診断によって復旧サービスの見積もりを算出してくれるので、復旧にどれくらいのお金が必要か気になる人は、初めに必ず診断を依頼しておきましょう。データが復旧した後は、相手の会社から復旧したデータを確認後、支払いを行なうことができます。復旧を行なう会社の中には、復旧が全くできなかった場合返金してくれるところもあるので、復旧に失敗したとしても余計な費用負担が掛かることはありません。

依頼前に行なっておくこと

PCと男性

データ復旧サービスを利用する場合、パソコンの再起動を頻繁に行なうことや、データの上書きを行なうことは避けましょう。データの読み取りができなくなった場合は、速やかに電源を切り、復旧を行なう会社に見せましょう。

詳細へ